縮毛矯正とはどのような事を言うのか、ごぞんじでしょうか?
この縮毛矯正を、ストレートパーマと一緒にして行っている美容院も多数あるようです。

縮毛矯正とストレートパーマは基本的に違うものなのです。
ストレートパーマの場合は、シスチン結合を切断して再結合させるものの事です。
縮毛矯正の場合は、加水分解しているパーマを応用したものの事です。

スポンサードリンク

縮毛矯正とは

色々な縮毛矯正の種類がありますが、アイロンやドライヤー、スチーマー遠赤等を使ったものが代表的です。

使用している薬剤や道具に関しても、ストレートパーマと縮毛矯正は異なっています。
アルカリと熱によって、たんぱく質を分解することを加水分解なのですが、これを縮毛矯正に取り入れるという事に関して様々な意見があるようです。
しかし、応用される事で髪への保水性が高まるので、結果的に艶のある髪に仕上がることができるのです。

縮毛矯正を行うにあたって、自分の希望する髪型になれるかどうか?というのは、やはり美容師さんの技術でしょう。
縮毛矯正というのは、熱を入れすぎてしまったりすると、たんぱく質を溶かして変形させてしまいます。

また、髪をストレートに固定する前の処理である、髪の毛を軟化させるという事に関しても、注意しなければいけません。
軟化不足の場合、思い通りのストレートにする事もできないからです。
逆に、軟化させすぎてしまうと、髪がちりちり状態になってしまいます。

このような事からも、美容師さんの技術が大きく関係している事が分かるのではないでしょうか?

なかには、縮毛矯正を行った際、髪の毛が折れたというクレームもありました。
この場合は、薬が根元についていたという事が原因となっています。

スポンサードリンク

▲このページのトップへ

携帯版のQRコード

縮毛矯正の効果と口コミ:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://syukumou.121b.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。